格安SIMの速度制限について紹介!速度制限を理解して格安SIMを使いこなそう!

携帯を使っていると気になるのが速度制限ですよね。

ついついサイトとか動画をたくさん見てしまっていると、パケット量が膨れ上がって速度制限を食らってしまいます。

格安SIMももちろん速度制限がありますから、利用には十分気を付けなくてはいけませんよ。

今回は格安SIMの速度制限について詳しく紹介したいと思います。

「速度が遅くて不便だ~」とならないようにするためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

格安SIMのプランごとの速度制限についてまとめ!

格安SIMの速度制限は契約のプランごとに特徴が異なっています。

プランごとの速度制限がどうなっているのか見ていきましょう。

格安SIM使い放題プランにも速度制限がある!使いすぎには要注意

使い放題プランって名前を見れば一見速度制限がないようにも見えますが、実は速度制限が設けられているんですよ。

格安SIMの使い放題プランの場合、通信料があきらかに他の利用者よりも多く使っていると通信速度をかけられてしまうんです。

その場合、毎日00:00の日付が変わったタイミングで速度制限が解除されます。

速度制限がかかると、1/1800まで速度が落ちる場合もあり、かなり遅くなってしまいます。

使い放題プランであっても、たくさん使ってしまうと速度制限がかかってしまうので、使い放題プランの人も安心せず、よく考えて利用するようにしましょう。

容量プランで契約した場合でも、短期間で一気に使用すると速度制限がかかる

格安SIMのプランには容量プランもありますが、このプランにも速度制限が設けられています。

例えば「10GBのプラン」を契約したとして、短期間で大量にデータを使っていると、10GB使っていなくても速度制限がかかってしまうんです。

これはMVNOによって異なっていますが、直近3日あたりの通信料が6GBを超過した場合など、短期間で一気に通信料を上げてしまうと制限をかけられてしまいます。

プランの契約をするときにはこの基準通信料はかかれていませんので、容量プランで契約している方も十分に注意しましょう。

結論!どちらのプランも使いすぎは速度制限を食らってしまう

結論をいわせていただくと、どちらのプランも速度制限が設けられている為、がっつり通信料を増やしてしまうと速度制限を食らってしまいます。

速度制限中はとても遅く、サイトや動画は見れたものではありません。

ですから、どちらのプランでもあまり短期間で通信料を上げないようにしましょう。

動画を頻繁に見られる方は、期間をあけてみるようにしてくださいね。

格安SIMには高速モードと低速モードがある!使い分けて速度制限を防ごう!

格安SIMの通信速度には高速モードと低速モードを切り替えれる便利な機能があるんです!

この機能を使ってうまく通信料をコントロールできれば速度制限をかけられなくなりますよ。

速さがほしいときはもちろん高速モード

例えばゲームしているときとか、早くサイトが表示してほしいなぁってときは早さがないとダメですよね。

そんなときは通常通りの高速モードを利用しましょう。

特に速度が遅くなることはないので、問題なくゲームやネットサーフィンをお楽しみいただけますよ!

比較的軽いサイトを見ているときはできるだけ低速モードを使用する

画像や動画などたくさんのコンテンツが張られているサイトではなく、テキストのみの比較的軽いサイトしか見ないって人は低速モードに切り替えて、ネットサーフィンをしましょう。

低速モードに切り替えてネットサーフィンをするだけでだいぶ通信料を抑えることができるので、速度制限をかけられづらくなりますよ。

ラジオや音楽ストリーミングなど長時間利用するものも低速モードで!

ラジオや音楽ストリーミングなどの長時間利用するコンテンツもできるなら、低速モードを利用しましょう。

長時間利用する分通信料もあがってしまいます。低速モードにしておけば通信料を抑えることができるので、できれば低速モードを利用してお楽しみください。

格安SIMで速度制限になっちゃった!速さはどんな感じ?

格安SIMでもし速度制限を食らってしまった場合、どのくらいの速度になるのでしょうか?

書くコンテンツごとにどれくらいのスピードなのかお伝えします。

ネットサーフィンはなんとか見れるレベル

速度制限がかかった状態でブログやWebサイトなどを見る場合、表示するまでにかなりの時間がかかってしまいます。

時間はかかりますが、速度制限時であってもテキストのみのサイトやブログの場合は見ることができますよ。

それでも10秒くらい待たないといけないので、制限がかかってないときと比べるとかなりストレスが溜まる状態です。

LINEは問題なし!ただ通話は温室に影響がでる

速度制限がかかった状態でLineができるかどうか試してみましたが、問題なく利用することができました。

Lineアプリの立ち上げ時は数秒ほどかかりますが、立ち上がった後はLineメッセージを問題なく送ることができますよ。

ただし、Line通話を試してみましたが結構ノイズが入って聞き取りづらい状態になっていました。

ですので、通信速度にかかってしまったらLineでの通話は控えた方がよさそうです。

YOUTUBEはあきらめたほうがいいレベル

速度制限がかかった状態でYOUTUBEは見ない方がいいでしょう。YOUTUBEの再生ボタンを押してみましたが、いつまでたってもダウンロードが終わらず画面が真っ暗なままでした。

中にはゆっくりダウンロードが始まるものもありましたが、ゆっくりすぎて途切れ途切れになり全然楽しめません。

YOUTUBE以外の動画サービスでも同じような状態になるでしょう。

速度制限がかかってしまったらあきらめて、速度制限が解除されるのを待ちましょう。

まとめ

格安SIMはどのプランを選んでも速度制限が設けられています。

短期間で使いすぎると、速度制限がかけられサイトの表示やアプリの動作が遅くなってしまうので十分に気を付けてくださいね。

格安SIMには高速モードと低速モードを切り替えれる便利な機能がありますので、うまく使って速度制限をかけられないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です